「ジャパネットたかた」の激安スマホ、本当に注文しちゃって大丈夫かなぁ?(2017年の旧記事)

ジャパネットたかたの激安スマホ スマホ・タブレット
スマホ・タブレットニュース
スポンサーリンク

2019年7月最新版の記事を投稿しましたので、そちらをご覧ください!

本記事は、2017年投稿後、たいへん多くの方にご覧いただきました。

2年が経過し、状況が大きく変わったことから、2019年7月版記事を投稿しました。現在このページにアクセスいただいた方は、ここをタップして新しい方の記事をご覧ください。

この記事の続きにある情報は、2017年現在の情報で、大きく変わっています。

  • ソフトバンク、Y!mobileいずれも料金・割引の体系が大きく変わりました
  • 機種も異なります
  • 格安スマホのデメリットとして挙げた項目が、現在はなくなっています

こうした理由から、この記事の続きには、現在からは「誤った」情報が含まれていますので、必ず新しいほうの記事をご覧ください。

スポンサーリンク

テレビで流れている「ジャパネットたかた」のスマホ、乗り換えてみようかなぁ!?

最近、「ジャパネットたかた」で、激安スマホを取り扱っていますね。

ジャパネットたかたの激安スマホ

※この記事投稿時点、2017/03/05の情報です。現在は異なる可能性がありますのでご注意ください。

※画像をタップすると、ジャパネットで現在取り扱っている場合に限り、商品ページにジャンプできます。

このCMをご覧になった生徒様から、「こんなに安いなら、うちも乗り換えてみようかと本気で思ってるんだが、注文しちゃって大丈夫かな??」というご相談がありました。

そこで、当教室にていろいろ確認してみた結果を、記事にまとめてみました。

結論:携帯メールが移行できなくてよければ、初心者にはいいお買い物かも!?

結論を先に書きますと、携帯のメールは移行できません。今まで受信したメールも、新しいスマホには移行できません。

ですので、今まで携帯メールでやりとりしていた方は、皆さんに新しいメールアドレスを伝える必要があります。

ただこれは、携帯会社を変える場合はどんな場合でも引き継げないので、とりわけて悪い点ということでもありません。

メールアドレスが変わるのはちょっと手間ですが、それで構わなければ、電話番号、連絡先などは引き継げます。スマホの機能としては十分です。

そしてジャパネットの価格は、本体価格が「実質108円」の設定。購入時、担当者が家まで格安(3,240円)で来てくれるのも、初心者には助かると思います。

当教室はジャパネットの回し者でもなんでもないですが、

ジャパネットで乗り換えてみるのも、「アリ」だと思います!

以下、このスマホを注文したらどんな感じなのか、手に入る情報をもとに、詳しく解説していきますね。

スポンサーリンク

このスマホの性能は大丈夫? 本当に使えるの?

まず、紹介されているスマホの性能について調べてみました。

少し前のモデル。シンプルだけど中身のソフトは最新版!

紹介されているのは、Ymobile(ワイモバイル)という携帯会社が販売している、こちらの商品です。

Ymobileホームページ掲載のこの商品です

Ymobileホームページ掲載の、この商品がジャパネットたかたで紹介されているスマホです。(画像を押すとYmobileの掲載ページが開きます。)

型番は507SHです。

型番は507SH。シャープの製品です。

機種としては「すこし前のモデル」です。ただ、中身を最新のソフトウェアにすぐにアップデートできるようです。

携帯各社は、スマホに競って「独自の画面デザイン」「独自の機能」を盛り込みますが、この機種にはそういうものが一切ないようです。

変に独自の機能があると、そのせいでなかなか最新版が提供されなくて困ることもあります。ですので、当教室はこのシンプルさ、とてもよいと思います。

いうなれば、シンプルだけど、だから中身は最新で、快適に使える、ということですね。

これからスマホ生活をスタートする方には、なかなかいい機種だと思います。

サイズはどのくらい? 大きいの?

本体のサイズは、幅71mm  高さ142mm 厚さ8.8mm ということです。どのくらいなのか、実寸で紙に印刷してみたものがこちらです。

507SHの実寸大です

ジャパネットのスマホの、実寸大サンプルです。けっこう大きいですが、最近のスマホとしては普通ですね。ほどよい大きさです。右側の時間割表は、名刺のサイズですので比較してみてください。

出始めのころのiPhoneよりはだいぶ大きく、最新のiPhone7と比べても少しだけ大きいです。GALAXY S6 edgeなどとほとんど同じ大きさ。

あまり小さいと画面が見づらく、タップもしにくいので、このぐらい大きい方が初めての方にはよいと思います。

メモリー容量は少ないのでご注意を

内部メモリーの容量は16GB。これはちょっと少ないです。

最新モデルは、どれも最低32GB,64GBというものがほとんど。iPhone7 では、32GBモデルもあるものの、かなりの方が一つ上の128GBモデルにされているのではないでしょうか。

電話・メール・LINEをするには十分です。

とはいえ、電話・メール・LINEをするには十分な容量です。何も困ることはありません。

この容量では少なくて困る、というケースは

  • 写真をたくさん撮って、スマホにたまってしまった場合
  • 音楽を入れて聞く場合
  • いろんなアプリを後から追加する場合

だと思います。

スマホで音楽が聞きたい方や、ゲーム・画像編集・SNS・ネットバンキングなどいろんなアプリを追加する予定の方は、もうちょっと容量が大きいスマホにしないと、すぐいっぱいになりますのでご注意ください。

写真だけは、もともと入っている「Googleフォト」アプリで解決できます。(自宅にネット回線とWi-Fiが必要ですが……)

写真をあずける手順について、詳しくは当ブログの別記事をご覧ください。

スマホが写真でいっぱいになっても、このアプリ1つあれば大丈夫。| キュリオステーション志木店のブログ

スポンサーリンク

このスマホに変えたら、電話番号やメール、LINEはどうなるの?

ふつう、商品をジャパネットたかたで注文すると、ポンと配送で届いておしまいですね。

でも、スマホの場合は、今ある電話の契約はどうなるの?とか、ただ届いただけでは終わらないことがあります。

特に、今使っている電話やメールがどうなってしまうのか? ちゃんと引き継ぎはできるのか? というのは、心配ですね。

この点は、当教室で実際にジャパネットたかたに電話して、確認してみました!

電話番号は今までの番号が引き継げます!

電話番号は引き継げます。「MNP」という、携帯会社間で電話番号を引き継ぐ仕組みをつかって、今と同じ電話番号で使えます。

手続きも、ちゃんとジャパネットたかたのスマホ担当者が家まで来て、引き継ぎの手続きや、前の携帯会社の解約方法まで案内してくれるそうです。だから、注文したら、あとは担当者が家に来るまでほとんど何もしなくていいそうです。

一点だけ、「今の携帯の契約の、解約月がいつか、違約金などが発生しないか」というのはご自身で確認しておいて下さい、とのことです。

携帯の契約は、割り引く代わりに2年間は解約できない、というものが多いので、いつ解約するのがよいかは、携帯ショップで確認しなければなりません。それによって、ジャパネットの担当者が、最もよい方法を案内してくれるということでした。

ドコモ、au、ソフトバンクのメールアドレスは使えなくなります

ドコモ、au、ソフトバンクの携帯メールは引き継げません。

(これは、ジャパネットで乗り換える場合だけでなく、携帯会社そのものを乗り換えるときには、ほぼ引き継げません。)

引き継げないアドレス(代表的なもの)

  • @docomo.ne.jp
  • @ezweb.ne.jp
  • @softbank.jp
  • @*.vodafone.ne.jp

これらのアドレスは送受信できなくなります。また、今までのメールの内容も引き継ぐことはできません。

引き継げるアドレス(こちらも代表的なもの)

  • @gmail.com
  • @yahoo.co.jp
  • そのほかパソコンと共通で使っているアドレス

このように、パソコンと携帯で共通で使えるメールは例外なく引き継げます。そうでないものは引き継げないと考えてください。

ですので、ジャパネットで注文する際に、次のような準備が必要になります。(ジャパネットの担当者が教えてくれます)

  • 引き継げるアドレスをひとつ用意する。(持ってなければ新規でメールアドレスを作る)
  • 引き継げないアドレスを教えている相手全員に、新しいアドレスを通知する

この機会に、引き継ぎが面倒な携帯アドレスから卒業しておくのもアリ!

携帯メールの問題はやっかいで、実際、このために携帯会社を変えずにいる方も多いと思います。

しかし、今のように携帯会社を乗り換えるのが当たり前の時代になってくると、もはや特定の携帯会社でしか使えないメールというのは、時代遅れだ、という見方もできます。

だとしたら、今回この機会に、引き継げないメールアドレスと「さようなら」をして、どんな携帯会社にしても引き継げるアドレスを一つ決めてしまうのもよいかもしれません。ジャパネットの担当者に相談すれば教えてくれると思います。

ジャパネットのスマホでは標準で Yahoo!メールが使えますので、これが一番切り替えやすいと思います。

スポンサーリンク

Y!mobileってどんな携帯会社?

Y!mobile(ワイモバイル)は、ドコモ・au・ソフトバンクではない、いわゆる「格安スマホ」(MVNO)のうちの一社です。

ソフトバンクの子会社のため、いわば「ソフトバンク直営の格安スマホ会社」といってよいでしょう。

「格安スマホ」(MVNO)とは?

「格安スマホ」とは、大手携帯会社から携帯の電波を仕入れて、大手よりも安く販売する携帯会社のことです。

「電波を仕入れる」?って分かりにくいですが、「データ通信量をソフトバンクからまとめ買いして、利用者に小分けにして売っている」というイメージです。

ワイモバイルだけでなく、たくさんの会社が同じような「格安スマホ」のサービスを提供しています。

ワイモバイルは、ソフトバンクから電波を仕入れて販売している会社です。

メリットはとにかく安いことです。

「格安スマホ」のメリットは、とにかく安いことです。同じくらいの条件で、Y!mobileとソフトバンクの月額料金を比較してみます。

(これはまだジャパネットの料金ではありません。ジャパネットとの比較は、のちほど別に比較表を掲載しています。)

比較条件

ソフトバンク

  • 機種:シンプルスマホ2
  • 機種代金:71,280円 24回払い割引後月々負担:450円
  • 他社からの乗り換え契約・年齢26歳以上
  • 通話定額ライト(5分までの通話無制限)
  • データ定額5GB
  • 契約事務手数料 3,240円

Y!mobile (ジャパネットではなくY!mobile店頭の料金)

  • 機種:507SH
    • 機種代金:51,948円 (24回払い割引後月々負担:540円、頭金108円)
  • 他社からの乗り換え契約
  • スマホプランM(3GB/月、キャンペーンで24ヶ月は6GB/月に増量)
  • 10分以内の通話無制限
  • 契約事務手数料 3,240円
ソフトバンクとY!mobileの料金比較

まずソフトバンクとY!mobileの料金比較です。

※ホームページの情報をもとにした当教室独自の試算です。実際の料金は各携帯会社にお問い合わせください。

※画像をクリックすると拡大できます。戻るときは「戻るボタン」で戻ってください。

Y!mobileの方が2年で10万円近く安くなっています!

(この、安いY!mobileを、さらにジャパネットで買うともっと安いの!?という比較は、この記事のもっと下の方で検討しています。そちらをご覧下さい。)

格安スマホのデメリット

いっぽう、「格安スマホ」のデメリットとしてはこんなことがあります。

  • ソフトバンクそのものの回線より、通信が遅い
  • LINEの年齢認証が通らない(ID検索による友達追加ができない)
  • 「ソフトバンクまとめて支払い」のような決済サービスがない

ということがあります。

※格安スマホ各社の中でも「LINEモバイル」だけはLINEの年齢認証が通ります。

でも、通信速度が多少遅くても、電話・メール・LINEを普通に使う分には困らないですよね。LINEの年齢認証も、しなければ使えないわけではありません。

ですので、

  • とにかく安いほうが助かる方
  • ネットや動画をガンガン見るわけではない方

には、おすすめできると思います。

スポンサーリンク

ジャパネットで買うと、店頭よりも安いの?

このスマホ、もちろん、ワイモバイルの取り扱い店舗でも購入・契約できます。

じゃあ、ジャパネットで契約するのと、ワイモバイルのショップで契約するのと、どっちがお得なの?ということになりますね。

ジャパネットは本体実質108円だから安い!

ワイモバイルの料金見積もりページで、支払金額を計算してみましょう。

507SH お支払金額計算ページ | ワイモバイル

このページで、

  • のりかえ(MNP)・番号移行
  • 現在お使いの端末・プランは「ドコモ・au・MVNO」
  • スマホプランM
  • 24回払い

と選択しますと、次のように出ます。

  • 本体代金総額 51,948円
  • 本体分割代金 月々2,160円 頭金108円
  • 購入時お支払額 108円
  • 月々のお支払額 3,758円

ただしこれは、「ワンキュッパ割(翌月から12ヵ月間)-1,080円」を適用した料金です。12カ月を超えると、月々4,838円になります。

また、事務手数料3,240円が別途かかります。

ジャパネットの条件は次の通りです。

  • 本体代金総額 38,988円 (安い!)
  • 本体分割代金 月々1,620円 頭金108円
  • 購入時お支払額 108円
  • 訪問サービス料 3,240円
  • 翌月から6か月の支払金額 2,138円
  • 7か月目~24か月目の支払金額 4,298円

このうち、訪問サービス料はジャパネット独自のサービスですので、計算から除外します。

事務手数料は、ワイモバイル店頭と同じく3,240円。また、適用の割引は

  1. 加入から25ヵ月間はスマホプラン割引(最大1,000円/月)
  2. 加入翌月から24ヵ月間は月額割引(最大1,500円/月)(25ヶ月目からは「長期割引」で同額が割引)
  3. 加入翌月から6ヶ月間は特別割引(最大2,000円/月)

ジャパネットたかたと、Y!mobile店頭の料金を比較してみました!

これを実際に計算して比較してみますと、次のようになります。(当教室の独自の試算です。正確な金額はそれぞれ直接確認ください。)

Ymobileとジャパネットの支払金額比較

Ymobileとジャパネットの支払金額比較です。トータルすると、ジャパネットの方が安くなっています。

※ホームページの情報をもとにした当教室独自の試算です。実際の料金は各社にお問い合わせください。

※画像をクリックすると拡大できます。戻るときは「戻るボタン」で戻ってください。

初月分はじっさいは日割りですが、ここでは簡単にするために、月初に契約したとして一か月分を丸々計算しています。

本体代金そのものが、ジャパネットの方が 12,960円安いため、全体としてジャパネットの方が安くなっていますね!

どちらで買っても、24か月目まで、本体代割引が月々1,620円割引があるのですが、ワイモバイルは割引しても月々540円は払う必要があります。これに対しジャパネットはきっちりこの割引内でおさまっている(本体実質108円)のです。

スポンサーリンク

まとめ:ジャパネット、なかなかやりますね!

こうして検討してみると、ジャパネットのスマホ、なかなかよい買い物なんではないかと思います。

格安スマホなので、大手携帯会社とはいろいろサービスも違ったり、説明も簡単だったりしますが、ジャパネットは家まで来て説明や手続きを案内してくれるので、初めての方には契約しやすいと思います。

変えるかどうかは、アナタ次第、ですが、当教室としては「変えてみてもいいんじゃない!?」と、思います!

 

パソコン教室・キュリオステーション志木店からのお知らせ
レッスンはオンラインで受講できます

パソコン教室・キュリオステーション志木店では、本年よりオンラインでの在宅レッスンを実施しております。
教室の全コースがオンラインで受講可能。実際にインストラクターがご対応いたします。
1時間の無料体験レッスンはいつでも予約できます。詳しくは公式ページをご覧ください。

スポンサーリンク
キュリオステーション志木店運営をフォローする
志木駅前のパソコン教室・キュリオステーション志木店のブログ

コメント

  1. アルファード より:

    ジャパネットで3/8にワイモバイルの契約をしました
    auから乗り換えです

    6/5に郵便局からの不在連絡票がありましたが不在票に気づいたのが
    昨日で1ヶ月以上過ぎています

    直接窓口に行けば1万円分の郵便小為替は貰えるのでしょうか?

    ジャパネットに問い合わせたほうが良いでしょうか

    auからは違約金、ポイント全て取られて損したから
    1万円キャシュバックが魅力でした
    アドバイスよろしくお願いします

    • こんばんは、なるほど、キャッシュバック分の郵便小為替の配送ですね。
      郵便局の追跡サービス
      まずはこちらで、不在票の伝票番号が今どうなっているか確認されてみてはいかがでしょう。
      まだ局にあるようでしたら、至急連絡されれば受け取れると思いますが、
      おそらく一週間程度で送り主に返送されていると思われます。
      最終的にはジャパネットさんに確認になるのではないかなと思いますね。

  2. OJISANN より:

    今回、格安スマホで1万円のキャッシュバックということで購入しましたが、いつまでたっても1万円キャッシュバックの連絡がありませんでした。そのため、ジャパネットたかたに問い合わせしたところ購入月から2か月経過して順次、キャッシュバックの資料を送るとのことでした。購入前にはこういったことの説明はまったくありませんでしたのでちょっと心外でした。最初に説明が必要でしょう!

    • コメントありがとうございます。ブログ掲載の情報は少し古いため、ただいま最新の状況を確認してきました。
      ジャパネットたかたの「スマホ」紹介ページの一番上に貼ってあるバナーがそうですね。一応、このバナーの下に小さく黒い文字で「1万円分の郵便小為替を後日送付」「契約月(訪問が完了した月)の翌々月末以降、順次発送」と記載があります。
      通販で何かを買うとき、画面上の小さな文字をきちんと読んでおかないと、分からないことがよくありますね。特にジャパネットさんは、パソコン・スマホが決して得意ではないお客様も多くいらっしゃると思うので、ご訪問時に再度説明するくらいでないと、混乱してしまいますね。

タイトルとURLをコピーしました