パソコン教室・デジタルプラザ キュリオステーション志木店 志木駅前のパソコン教室

教室へのお問い合わせ・無料体験のお申し込みはこちら 教室へのお問い合わせ・無料体験のお申し込みはこちら 教室へのお問い合わせ・無料体験のお申し込みはこちら
パソコンスクール&デジタルサービス パソコン教室・デジタルプラザ キュリオステーション志木店
パソコン教室 キュリオステーション
埼玉県志木市本町6丁目27-11湊ビル1F TEL:0120-01-6868
埼玉県志木市本町6丁目27-11湊ビル1F TEL:0120-01-6868

資格試験のお申し込み

2週間後までの受験をお申込みいただけます。

【2022/5/11更新】 新型コロナウイルスの感染状況によっては、2週先以降の試験予定を白紙にする場合があります。
このため、2週間後より先の試験予約は受け付けておりません。
また、試験官が定期検査で陽性となった場合は、ご予約済みの試験をキャンセルさせていただく場合がございます。ご了承ください。

お申し込み可能な試験一覧

※試験名をタップすると、空席確認→予約に進めます。
※試験日までに、受験者様や試験官が新型コロナウイルスに感染してしまうリスクを考慮して、
 現在、直近2週分のみ予約を受け付けています。

・マイクロソフト オフィス スペシャリスト(MOS)

・VBAエキスパート

・Microsoft Certified Fundamentals

・Microsoft Certified Educator

・App Development with Swift

・IT Specialist

・統計検定

・リユース検定

・コンタクトセンター検定試験(コン検)

・PHP技術者認定試験

・ビジネス統計スペシャリスト

・Pythonエンジニア認定試験

・KUSANAGI for WordPress認定試験

・ヤマハネットワーク技術者認定試験

・Communication Exam.

・Rails技術者認定試験

・データ分析実務スキル検定

・ウェブ・セキュリティ試験

・外交官から学ぶグローバルリテラシー

・IC3(アイシースリー)


受験料のお支払いについて

  • 受験料のお支払いは、銀行振込・クレジット・PayPal・LINE Pay・受験チケットがご利用いただけます。
  • 「教室で支払い」を選択すると、現金・メルペイ・auPAYでもお支払いいただけます。

【オ ン ラ イ ン 支 払 対 応】
Squareの決済サービス VISA Master AMEX JCB Diners DISCOVER PayPal(ペイパル) LINE Payロゴ
【教室での支払いのみ】
メルペイロゴ au Payロゴ  

【必読】コロナウイルス感染対策について

以下の対策を行っています。お申し込みされた方は、この対策にご納得いただいたものと見なしますので、しっかりとご確認ください。
・受験日より2週間以内に
・海外から帰国 ・感染確定者と濃厚接触のあった方
・新型コロナと共通の症状がある方
は申込しないでください。後から判明した場合、キャンセルさせていただきます。

・同時受験者数は当面の間3名まで。(試験官と合わせて4名まで在室)
  ※長い試験やトラブルのため、一時的にこの人数を超える場合があります。
・机・キーボード・マウスは、毎時間消毒を行います。
入室から退室まで必ずマスクを正しく着用いただきます。着用いただけない方は、入室をお断りします。※事情のある方は事前にお申し出ください
マスクは可能な方は「不織布」以上の性能のものをご使用ください。
入室前に検温と手指消毒を実施します。37.0℃を越える方は原則として試験室に入れませんので、ご注意ください。
   (その場合は、再試験の手続きをとります。平熱が高い方は考慮します。教室まで必ずお申し出ください。)
・新型コロナ接触確認アプリ「COCOA」のインストールを推奨します。COCOAについて詳しくは教室ブログ記事をご覧ください。(←タップすると記事に飛びます)
・試験官はワクチン3回接種済みです。週一回PCR検査を行い、陰性を確認しています。
 (試験官が陽性になった場合は、試験延期のご連絡をいたします。)
・感染拡大状況により、当教室の判断で試験を中止する場合があります。

試験室内のイメージ 換気と空気清浄機を設置

マイクロソフト オフィス スペシャリスト(MOS)

エクセルやワードなどの、マイクロソフト オフィス製品の利用スキルを証明できる資格です。
3バージョンがあります。申し込みボタンが分かれていますので、受験したいバージョンのボタンを押して下さい。

MOSロゴ

VBAエキスパート

Excel, Accessのマクロ・VBA(Visual Basic for Applications)のスキルを証明する資格です。
当教室で試験対策のレッスンも開講しております。

 MOS、IC3、VBAエキスパート、コンタクトセンター検定試験、 ビジネス統計スペシャリスト(今回追加)の資格を1つでも取得している方は、申し込み画面で(割引)とついている科目を選択してください。
 詳しくは、VBAエキスパート公式サイトをご覧ください。

VBAエキスパートロゴ

Microsoft Certified Fundamentals

Microsoft 365 で利用できるオプションと、クラウドサービス、SaaS (Software as a Service) クラウドモデルの採用、Microsoft 365 クラウドサービスの導入のメリットを理解していることを証明します。

Microsoft Certified Fundamentals

Microsoft Certified Educator

Microsoftが認定する教育者資格です。特定のアプリの指導ではなく、幅広く教育者としての技術リテラシーが評価されます。

Microsoft Certified Educator

App Development with Swift

Appleが提供するSwift、Xcode、App開発ツールの基礎知識を証明する資格です。Swiftの基礎知識を証明する資格「App Development with Swift(英語版)」を日本国内で受験することが可能です。※日本語版の試験実施は未定

App Development with Swift

IT Specialist

Information Technology Specialistは、情報技術のさまざまな分野についての基本的な知識やスキルを証明できる資格試験です。

IT Specialist

統計検定

日本統計学会が実施する、統計に関する知識や活用力を評価する全国統一試験です。
2級~4級、統計調査士、専門統計調査士、データサイエンス基礎/発展が受験できます。

※数理・データサイエンス強化拠点コンソーシアム参加校対象の統計検定 (団体学割)データサイエンス発展も申込フォームからお申込みいただけます。科目一覧の最下部に表示されますので、必ず「(団体学割)データサイエンス発展」を選択してお申し込みください。この場合、支払方法は「受験チケット」のみとなります。

統計検定ロゴ

リユース検定

リユースショップ営業に必要な知識を備えた人を認定する試験です。
実施期間は、2月、5月、8月、11月の各1ヶ月です。
※リユース検定の開催日程は、こちらからご確認ください。

リユース検定ロゴ

コンタクトセンター検定試験(コン検)

コンタクトセンターにおけるお客様サービスのスキルを証明する資格です。「顧客対応力の高さ」を資格として認定します。

コン検ロゴ

PHP技術者認定試験

Webのサーバーサイドプログラミング言語のシェア80%を占める、PHPのプログラミングスキルを認定する試験です。

PHP技術者認定試験ロゴ

ビジネス統計スペシャリスト

"データ分析の実践力"を評価する資格です。 データ分析の”実践”に重点を置き、身近に活用できるExcelを使用したデータ分析技能と、分析結果を正確に理解し、応用する能力を評価します。

ビジネス統計スペシャリストロゴ

Pythonエンジニア認定試験

ビッグデータ、機械学習、Webサービス開発など、幅広い分野で注目が集まっているプログラミング言語「Python」のスキルを認定する試験です。

Pythonエンジニア認定試験ロゴ

KUSANAGI for WordPress認定試験

KUSANAGIで採用されているWordPress高速化技術を問う試験です。

KUSANAGI for WordPress認定試験ロゴ

ヤマハネットワーク技術者認定試験

最新のネットワーク技術、ヤマハネットワーク製品の知識、専門性の高さを評価する、公式認定制度です。

ヤマハネットワーク技術者認定試験ロゴ

Communication Exam.

ビジネスにおけるコミュニケーション能力を評価する資格試験です。

Communication Exam.ロゴ

Rails技術者認定試験

Ruby on Railsの専門知識の取得を評価する試験です。

Rails技術者認定試験ロゴ

データ分析実務スキル検定

データサイエンティストやエンジニアから見て、ビジネスサイドの担当者に知っておいて欲しい「データサイエンス」「ITの知識」「データ分析の経験」を確認する試験

データ分析実務スキル検定ロゴ

ウェブ・セキュリティ試験

一般社団法人BOSS-CON JAPAN内組織であるPHP技術者認定機構が認定する「ウェブ・セキュリティ試験」(通称「徳丸試験」)です。

ウェブ・セキュリティ試験ロゴ

外交官から学ぶグローバルリテラシー

「外交官から学ぶ グローバルリテラシー」は国際社会を生きる私たちに必要な教養が身につく資格試験です。

外交官から学ぶグローバルリテラシーロゴ

IC3(アイシースリー)

コンピュータやインターネットに関する基礎知識とスキルを総合的に証明できる国際資格です

IC3ロゴ

試験当日の持ち物

試験当日は下記の物を必ず持参してください。特に、身分証明書をお忘れになると、受験できません。

  • 1.受験者IDとパスワード
  • 2.写真付き身分証明書
  •  ※写真付き身分証明書をお持ちでない方は、代わりの方法をこちらでご案内しています。
  • 3.学割の方は学生証
  •  ※その他、試験ごとに定める割引受験を利用される方は、指定された書類をお持ちください。

  • ※オデッセイ・コミュニケーションズ提供の資格試験で使用する受験者IDは、2種類あります。
  • ・MOS・MCF・MCE・VBAエキスパートなどで使用する「Certiport ID」
  • ・統計検定・Python・PHP・コン検などで使用する「Odyssey ID」
  • どちらを使用するかは、受験申込完了時にお送りしているメール本文内に記載しております。
  •  
  • ※当教室では、受験票は発行しておりませんので、ご持参の必要もありません。

資格試験「学割価格」の適用範囲について

オデッセイ・コミュニケーションズ提供の資格試験において、「学割」の適用範囲は次の通りです。

「学校教育法」に定める学校

  • ・小学校、中学校、高等学校、中等教育学校
  • ・大学、大学院
  • ・高等専門学校、専修学校

オデッセイ・コミュニケーションズ提供の資格試験において、「学割」の適用範囲は次の通りです。

そのほかオデッセイ・コミュニケーションズが認める学校、学生

  • ・予備校生(本科生、学割証の発行される予備校生)
  • ・各種学校で1年以上の以上連続した就学期間による授業が定められたコースに通う学生(学割証の発行される学生)
  • ・留学生などで国際学生証(ISIC ※International Student Identity Card)を所持している者
  • ・盲学校、聾学校、養護学校
  • ・防衛医科大学校、気象大学校、海上保安大学校、航空保安大学校、水産大学校、航空大学校、農業者大学校、海技大学
  • ・職業能力開発総合大学校、各職業能力開発大学校、職業能力開発短期大学校、農業系の大学校・短期大学校、産業技術系の大学校

※試験当日、学生証を必ずお持ちください。(写真付きでない場合は、別途写真付き身分証が必要です)


以下の試験では、教職員も学割で受験できます。

  • ・Microsoft Certified Educator(MCE)
  • ・Microsoft Certified Fundamentals
  • ・IT Specialist
  • ・Rails技術者認定試験
  • ・Pythonエンジニア認定試験
  • ・PHP技術者認定試験
  • ・ヤマハネットワーク技術者認定試験

※教職員の方は、教員証を必ずお持ちください。(写真付きでない場合は、別途写真付き身分証が必要です)


※卒業式後、学生証を学校に返却した受験者は、学籍がある期間(例えば4月入学の場合は3月31日まで)は、学割で受検できます。試験当日に、卒業証書または卒業証明書、および、その他の写真付き身分証明書を一点お持ちください。

※入学式前、学生証を持たない受験者も、学籍がある期間(例えば4月入学の場合は4月初旬)に学割で受験できます。試験当日に入学許可証、入学承諾書(発行する教育機関により名称が異なる場合があります)等の入学を認める書類、および、写真付き身分証をお持ちください。

写真付き身分証をお持ちでない方は、次の方法で代えることができます

写真付き身分証明書をお持ちでない方は、本人確認書類として、以下の書類をご提示いただければ、写真付き身分証がなくても受験できます。

その場合、下記のリストの「同じ番号のもの2点」ではなく「違う番号のもの2点」のみ可能です。

代用可能な例〇: 1.健康保険証と 5.キャッシュカード
代用不可の例×: 5.キャッシュカードと 5.別の銀行のキャッシュカード

写真付き身分証明書が無い場合、持参いただく本人確認書類 2点

  • 1.健康保険、国民健康保険または船員保険等の被保険者証
  • 2.国民年金、厚生年金保険または船員保険等の年金証書
  • 3.国民年金手帳、年金手帳
  • 4.本人名義のクレジットカード(本人の署名があるもの)
  • 5.本人名義のキャッシュカードまたは預貯金通帳
  • 6.学生証、会社の身分証明書または公共機関が発行した資格証明書
  • 7.住民基本台帳カード、マイナンバー通知カード
  • 8.住民票(3か月以内に発行されたもの)
  • 9.運転経歴証明書
  • 10.共済組合員証
  • 11.共済年金または恩給等の証書

ご注意

  • ・すべて本人氏名の記載のあるものに限ります。
  • ・本人確認書類はすべて原本の提示が必要です。コピーの提示は認められません。
  • ・本人確認書類は有効期限内のものに限ります。失効しているものは、本人確認書類として認められません。
  • ・PC スクールなどの受講証やタスポは、身分証明書として使用できません。
  • ・本人確認ができれば住所確認は必須ではありません。