VR

いま見えるもの全てを、立体的に撮影する方法とは?? 無料のアプリもけっこうすごい!

360度3D撮影する方法とは

2016年は、「VR元年」と言われています。VR=「仮想現実」(Virtal Reality)の技術が、一気に手の届くところに出てきました。

別の記事でご紹介しましたが、自分のスマホと、1000円くらいのゴーグルさえあれば、だれでも360度、立体視できる「仮想現実」の世界を体験できるようになりました。

あなたのスマホと、段ボール製ゴーグルだけ。簡単VR体験!
—キュリオステーション志木店のブログより

また、Samsung GearVR, PlayStationVRなどは、段ボール製ゴーグルほど安くはありませんが、ただの「360度映像」ではなく、より現実に近い「仮想現実」に近づいていると言えるでしょう。

まだまだハードルが高い、VR映像の「撮影」

このように、見て触って楽しむ、という面では、VR(仮想現実)はどんどん身近になっていますが、一方、その映像を「撮影する」側には、まだまだハードルが高いのが現状です。

360度の写真や動画を撮るだけであれば、比較的安価で小型のカメラで撮影できるようになりました。

Theta-SとGear360

360度の写真・動画が撮影できる、リコーThetaS(左)、サムスンGear360(右)。いずれも実売4万円前後です。

しかし、これらのカメラで撮影できる写真や動画には、「仮想現実」とは呼びづらいひとつの難点があります。

それは、撮影された映像が、立体的ではなく、平面だということです。

続きを読む

キュリオステーション志木店

ぐりぐり回せる360°写真に、字幕を入れる。これまでと全く方法が違います

球に写真をマッピング

当教室では、ただいま、360°の写真や動画をどう扱うのか、その技術に取り組んでいます。近いうちに、何とかレッスンコースとしてご提供したいと考えています。

今年は「VR元年」とよく言われます。VR(仮想現実)を体験できる機材が、多くの人の手の届く価格で供給され始め、Youtubeアプリと段ボールのゴーグルがあれば、簡単にVRが楽しめるようになりました。

(詳しくは当ブログの記事「あなたのスマホと、段ボール製ゴーグルだけ。簡単VR体験!」をご覧ください。また、VR映像の撮影方法については、同じく「VR(仮想現実)の撮り方。あなたはどれで撮る? 現時点の方法まとめ(随時更新)」をご覧ください。)

まさに、「皆さんがはじめてビデオカメラを買ったころ」の時代によく似ていると思います。

そんな中、この360°全天周の映像を撮って活用できるようなパソコン教室の講座(コース)を、なんとかご提供したいと思っています。そのための撮影・編集技術の確立と、「できるだけ簡単に間違いなくできる方法は何か」、ということを、いま考えているところです。

続きを読む

キュリオステーション志木店

VR(仮想現実)の撮り方。あなたはどれで撮る? 現時点の方法まとめ(随時更新)

FacebookやYoutubeで、360度パノラマの写真や動画が投稿可能になったり、安価なカメラが発売されたりと、VR(仮想現実)が一気に身近になってきました。

共有用投稿 – Spherical Image – RICOH THETA

(当教室の中の360度写真です)

現実と仮想をミックスした「AR(拡張現実)」も、「ポケモンGO」の登場で、爆発的な普及期に入ったといえますね。

そんな中、VRを楽しむのもいいんですけど、やっぱりパソコン教室としては、「撮る側」「作る側」のお話をしないとね!!! ということで、現時点で考えられる「VRの撮り方」「作り方」を簡単にまとめます。

写真から手軽にはじめる–「RICOH Theta S」

価格・性能・撮影方法など、さまざまな方式が出てきていますが、まずは使ってみるカメラとしておすすめのカメラは、「RICOH Theta S」です。

 

RICOH Theta 公式ページ

続きを読む

キュリオステーション志木店