パワーポイントのアニメーションを使いこなす。PPAPを作ってみました!

パワーポイントでPPAP! PowerPoint(パワーポイント)
PowerPoint(パワーポイント)
スポンサーリンク

PPAPをパワポで作ってみました!

ピコ太郎さんの、PPAP(ペンパイナッポーアッポーペン)。全世界に拡散してますね。一本の動画でここまで広がるのは本当にすごいです。

そこで、パワーポイントのアニメーションを楽しく学ぼう!! ということで、このPPAPを、パワーポイントで制作してみました!!

題して「PPAPPP」(Pen-Pineapple-Apple-Pen on PowerPoint)ですっ!!

スポンサーリンク

マルチメディア機能を使いこなして、より魅力的なプレゼンを!

パワーポイントには、

  • アニメーション機能
  • 動画や音声を再生する機能

がついています。

これを使いこなすと、動きのあるプレゼンテーションを作ることができます。説得力が増したり、おおっ!という驚きを与えたりすることができます。

過去に、マイクロソフトさんが、とっても面白いサンプル動画を配信されていました。もうサイトは公開終了していますが、Youtubeにアップされていますのでご紹介します。

アニメーションのタイミングを指定して、プロモーションビデオのような作り込みもできます

マイクロソフトさんの例では、スライドを切り替えるとアニメーションが動くようになっていますが、タイミングを指定して自動的に切り替えたり、いくつかのアニメーションを連続して動かしたりすることもできます。

実際に、当校で作ったPPAPPPのプレゼンテーションを見ますと、こんな感じになっています。

PenがAppleに刺さるシーンのアニメ

PenがAppleに刺さるシーンのアニメーションウィンドウです

ほとんどのアニメーションに「直前の動作の後」を指定しています。こうすることで、クリックしなくても自動的に次々とアニメーションが動き出し、一連の動きとして見せることができます。

「直前の動作の後」

ほとんどすべてのアニメーションに、「直前の動作の後」を指定しています

「継続時間」と「遅延」の制御

「継続時間」と「遅延」を細かく設定して、音楽にあわせた動きを作っています。

こうして、「一つ目のアニメの継続時間」「二つ目のアニメの継続時間」・・・と順番につないでいくことで、全体として一定の秒数のアニメーションを作ることができます。

二つ以上のアニメーションを同時に動かす

二つのものを同時に動かすときは、こんなやり方をしています。

「直前の動作と同時」

「直前の動作と同時」を指定して、AppleとPineappleを同時に動かしています

動画を再生しながらアニメーションを動かすのは、ちょっと工夫が必要

パワーポイントは、動画も扱うことができますが、「動画を再生しながらアニメーションを動かす」というのは、ちょっとした工夫が必要になります。

動画を挿入すると、再生中にその次のアニメーションを発動するのがちょっと難しいのです。

  • 「直前の動作の後」を指定すると→→動画の再生が終わってからアニメが発動する
  • 「直前の動作と同時」を指定すると→→動画の再生と同時にすべてのアニメがスタートする

となってしまい、動画の再生の途中でアニメーションを発動したり、いくつかのアニメーションを連続して発動することができないのです。

「PPAPPP」のプレゼンテーションでは、ご覧になると分かるように、動画を再生しながらアニメーションを連続して発動しています。

いったいどうやっているかというと、こんな感じです。

動画とアニメが混在するシーン

動画とアニメが混在するシーンの例。ペンが全部落ちてきたあと、動画がスタートし、再生しながらハートを躍らせています。どうやっているかというと・・・・

このシーンの動きをどうやっているかというと、

再生中のアニメは「遅延」で制御します

再生中のアニメは「遅延」で制御します

動画の再生中に発動するアニメは、すべて「直前の動作と同時」を指定しておき、各アニメに適切な「遅延」を設定することで、思い通りのタイミングでアニメーションを発動しています。

非常に細かい作業になるんですが、アニメーションウィンドウを使いますと、アニメーションの長さと遅延をマウスで操作できますので、思ったより簡単に作れます。

マウスのドラッグで、遅延と長さを変えられる

全編通しのサウンドに、スライド切り替えとアニメーションを同期させる

「PPAPPP」では、ピコ太郎さんのオリジナル曲を全編通しで流しながら、アニメーションを連動させています。

どうやっているかというと、特別な方法はありません………(;^_^A

まず、音楽に「スライド切り替え後も再生」を指定します。

「スライド切り替え後も再生」

こうすると、次のスライドに切り替わっても音楽は止まりません。

そして、スライドの切り替えは、クリックによる切り替えではなく「自動」にします。

スライドを自動的に切り替え

赤〇の部分に、「13.59」と時間が入っています。これは「13.59秒」たったら、次のスライドに切り替える、という指定です。この時間の長さは、実際にスライドショーを再生してみないと、適切なタイミングは分かりません。

この秒数は、実行するパソコンの環境などによって、微妙に誤差が出ます。当校でも、画面で見ているスライドショーと、「ファイル」→「エクスポート」→「ビデオの作成」で動画として出力した場合では、タイミングが変わってしまいました。そのため、微調整を行って動画にしています。

ですので、制作と再生を違うパソコンでやる場合(自宅で作ったものを、会場のパソコンで実行する場合など)は、音楽にピッタリ合わせるといった演出は、入れない方が無難です。

どうしても必要な場合は、その部分だけ、あらかじめ「ファイル」→「エクスポート」→「ビデオの作成」で動画として出力し、その動画をスライドに張り付けておくと、タイミングの誤差はなくなります。

スポンサーリンク

スライドにいろんな「仕掛け」、入れてみましょう!

「PPAPPP」には、ほかにもいろんな工夫をしていて、記事一本ではなかなかご紹介できないのですが、パワーポイントのいろんな可能性を感じていただければと思います。

全編アニメーションでなくても、要所、要所に凝ったつくりをとりいれれば、見る人の「おっっ!」という驚きを呼び起こすことはできると思います。

どうぞ皆さんも、チャレンジしてみてください!!

「PPAPPP」、ペンパイナッポーアッポーペンオンパワーポイント、が、なんかカテゴリーとして成立するといいなー! なんて、実は思ってます!!(;^_^A

パソコン教室・キュリオステーション志木店からのお知らせ
レッスンはオンラインで受講できます

パソコン教室・キュリオステーション志木店では、本年よりオンラインでの在宅レッスンを実施しております。
教室の全コースがオンラインで受講可能。実際にインストラクターがご対応いたします。
1時間の無料体験レッスンはいつでも予約できます。詳しくは公式ページをご覧ください。

スポンサーリンク
キュリオステーション志木店運営をフォローする
志木駅前のパソコン教室・キュリオステーション志木店のブログ

コメント

タイトルとURLをコピーしました