iTunesでiPhoneをバックアップ。「容量が足りません」と言われたら(Windows 10)

iPhoneをパソコンでバックアップ 「十分な空き領域がない」の対処法 iPhone
iPhone

iPhoneのメモリ容量は、128GB、256GBと大容量化が進んでいます。
同時に、パソコンの記憶容量は小さくなってきています。

えええっ!? パソコン小さくなってるの!? と思われるかもしれませんが

パソコンの記憶装置がHDDからSSDに移り変わっています。速度は劇的に早くなりましたが、SSDは容量当たりの価格が高いため、多くのパソコンの記憶容量が最大256GB程度に下がる、という現象が起きているんです。

iPhoneが256GB、パソコンのSSDも256GBだったら、当然、最初からバックアップのための記憶容量が足りません。

そうすると、パソコンでiTunesバックアップをしようとしたら、こんなエラーが出ます。

このコンピュータにバックアップを保存するための十分な空き領域がないため、iPhone “〇〇のiPhone”をバックアップできませんでした。

そんなとき、当店の「スマホデータ移行サービス」でやっている方法をまとめます。
Windows 10での方法です。

このテーマの記事が多くありますが、本記事はシンボリックリンクの簡単な作成方法をご紹介しています。本記事の方法であれば、コマンドプロンプトを使わなくて大丈夫です。

スポンサーリンク

容量がiPhoneより小さいパソコンでバックアップを取る方法

手順1. iPhoneより大きい容量のデータドライブを確保する

まずは、容量そのものが足りないと話になりませんので、iPhoneより大きい容量のドライブを確保することが必要になります。

パソコン購入時にハードディスク併設モデルを購入する方法

いまからパソコンを購入しようという方は、

CドライブのSSD+1TB程度のHDDが併設されているモデル

を購入すれば、Dドライブに十分な容量を確保できます。

※「SSDなし、ハードディスクのみ1TB」というモデルが安く出ています。
しかし、Windows 10自体の読み込み量が増えており、SSDでないと動作が重くて苦痛だと思います。CドライブはSSDであるモデルを購入されることをおすすめします。

下記のリンクは、「価格コム」でその条件を設定したものです。クリックすると、その時点で条件を満たすノートパソコンが安い順に出るはずです。

価格.com - HDD容量:1000GB〜2000GB未満のノートパソコン 価格の安い順 (HDD容量:2000GB〜,SSD容量:1000GB〜,SSD容量:128GB〜256GB未満,SSD容量:256GB〜512GB未満,SSD容量:512GB〜1000GB未満)
HDD容量:1000GB〜2000GB未満のノートパソコン製品一覧 価格の安い順!たくさんの製品の中から、価格やスペック、ランキング、満足度など、さまざまな条件を指定して自分にピッタリの製品を簡単に探し出すことができます。(HDD容量:2000GB〜,SSD容量:1000GB〜,SSD容量:128GB〜256GB未満,...

外付けHDDドライブを接続する方法

パソコンを買い直さない場合は、外付けHDDドライブを買って、USB接続するのがよいでしょう。

外付けHDDを差すのは少々カッコ悪いですが、致し方ありません。iPhoneのバックアップをしていないときは、抜いておいても大丈夫です。

【価格.com】外付け ハードディスク | 通販・価格比較・製品情報
外付け ハードディスクを買うなら、まずは価格.comをチェック! 全国の通販サイトの販売価格情報をはじめ、スペック検索、クチコミ情報、ランキングなど、さまざまな視点から商品を比較・検討できます!

価格コムのリンクを貼りましたが、家電量販店やホームセンターで売っているもので大丈夫です。

容量をよく確認して、iPhoneの容量より十分に大きいものを購入してください。ギリギリだと、買い換えた時にまた足りなくなったりしますので、1TB以上のものをおすすめします。

手順2. iPhoneのバックアップがパソコンのどこに入るか確認する

次はバックアップフォルダの確認です。

Windows 10では、現在iTunesに2種類あります。保存場所が異なるので注意が必要です。

ストアアプリ版 と デスクトップアプリ版。 下図に示したのはストアアプリ版です。ここで見分けます。

iTunesを右クリック、その他の中にアプリの設定
ストアアプリ版iTunesの特徴

スタートメニューからiTunesを探して右クリック→「その他」とすすんで
「アプリの設定」「評価とレビュー」が表示されたら、ストアアプリ版です。
この部分がなければデスクトップアプリ版です。

現在は、ストアアプリ版の方が推奨です。アップデートがMicrosoft Storeから自動で行われるようになります。
下記からインストールできます。

Get iTunes - Microsoft Store
Download this app from Microsoft Store for Windows 10. See screenshots, read the latest customer reviews, and compare ratings for iTunes.

デスクトップアプリ版が入っている方は、上記リンクからストアアプリ版をインストールすると、自動的にデスクトップアプリ版からデータが引き継がれます。

ストアアプリ版への乗り換えについては、当ブログの別記事で詳しく扱っています。

ストアアプリ版のバックアップの場所

C:> ユーザー> [ユーザー名]> Apple> MobileSync> Backup

デスクトップ版のバックアップの場所

C:> ユーザー> [ユーザー名]> AppData(隠しフォルダ)> Roaming> Apple Computer> MobileSync> Backup

AppDataは隠しフォルダなので、エクスプローラーの「表示」タブから「隠しファイル」にチェックを入れて表示してください。

エクスプローラーの表示タブ、隠しファイルにチェック
デスクトップ版
ユーザー\[]

当店で検証した限りでは、一度もバックアップしてなくても上記「Backup」フォルダが存在します。デスクトップ版の場合、バックアップ未実施の場合は、フォルダ自体が存在しないかもしれません。その場合は上記を参考に自分で作成してください。

手順3. 準備した余裕のある場所に「Backup」フォルダを作成または移動する

次にいよいよ、準備した新しい場所に「Backup」フォルダを設置します。

すでにバックアップ済みのデータがあり、これを消したくない場合は、既存のBackupフォルダを「移動」してください。

はじめてバックアップするか、または、以前のバックアップは消えても構わない場合は、「Backup」というフォルダを新規作成してください。

この際、本来の場所には「Backup」という名前のフォルダが無い状態にするのが重要です。
ですから、コピーではなく「移動」しなければなりません。

残っていると次の手順で支障がでますので、削除してでも必ず無い状態にしてください。

また「Backup」という名前を間違えないようにしてください。「backup」や「BACKUP」では動作しません。「Backup」です。

「Apple\Mobilesync」フォルダも、なければ作成する

一度もバックアップをとっていないiTunesだと、本来の場所にあるBackupの手前の「Apple> Mobilesync」フォルダも存在しません。

これも手動で、本来の場所にこのとおりのフォルダを作ってしまいましょう。

正確にこの通りのフォルダ名で作成すれば、iTunesは、作ったフォルダを利用してくれます。

手順4. 本来のBackupフォルダの位置に、新しいBackupフォルダの「シンボリックリンク」を設置する

シンボリックリンク、とは、「どこでもドア」だと思ってください。

どこでもドア

iTunesがBackupフォルダを探しに行くと、そこには「どこでもドア」があった。

iTunesは、そのドアの向こうを、部屋の続きだと思って、気づかずに入っていった。

「おっ、あったあった、なかなか広いなこのパソコン。ここにバックアップを作るぞ」

iTunesがそう言った場所は、どこでもドアの向こう側。

そこはもう住み慣れたパソコンの中ではなく、広大な外付けHDDの中だとは…

iTunesには知る由もなかった。

こんな状態を作ろうというわけです。

シンボリックリンクの作成にはフリーソフト「Explzh」がおすすめ!

シンボリックリンクは、Windows標準の機能では作れません。多くの記事では、コマンドプロンプトでなにかすると書いてあると思います。

当店は、次のフリーソフトをインストールして使用します。

Explzh - 多形式に対応した、圧縮解凍ソフト
Explzhは、4GBを超える、LHA,ZIP,CAB,RAR,7z,tar,tar+(gz/bz2/xz/lzma)形式書庫の圧縮解凍に標準で対応、XP から Window10 に対応した圧縮解凍ソフトです。展開時にはLinuxやMacOSXなどで作成されたファイル名文字化け問題をすべて解決します。
公開中のソフトウエア
Explzh アイコン	Explzh for Windows
Explzh for Windows
32ビット版
64ビット版

32ビット版と64ビット版がありますが、ほとんどの方は「64ビット版」で大丈夫です。
最近のパソコンではWindows 10は必ず64bit版が入っているからです。
けっこう前のパソコンで、64bit版のインストールでエラーが出た方は、32bit版にすると入ると思います。

ダウンロードしたファイルを「実行」するとインストールが始まります。

このソフトは、ZIPやLZHなど、圧縮ファイルを作成・展開するソフトなのですが、右クリックメニューに「シンボリックリンクをここに作成」が入るといううれしい機能がついています。

Explzhをインストールした状態で、
容量の十分な場所に用意した「Backup」フォルダを
マウスの右ボタンで
本来の「Backup」フォルダの場所に
ドラッグ&ドロップします。

すると「シンボリックリンクをここに作成」というメニューが出るのでクリックします。

Explzhをインストールした状態で、
容量の十分な場所に用意した「Backup」フォルダを
マウスの右ボタンで
本来の「Backup」フォルダの場所に
ドラッグ&'ドロップします。
すると「シンボリックリンクをここに作成」というメニューが出るのでクリックします。

クリックすると、ポロリン♪と鳴って画面が暗転し、管理者権限を要求する「はい」と「いいえ」が出ますので「はい」をクリックします。

するとこうなります。

シンボリックリンクが作成された

これで、本来のBackupの位置に「どこでもドア」が設置され、十分な容量のあるドライブの「Backup」とつながりました。

手順5. あとは普通にバックアップするだけ

あとは、普通の手順でバックアップするだけで、新しく用意した広い「Backup」の中にiPhoneのバックアップデータが保存されていきます。

当店で256GB満杯のiPhoneをバックアップしたところ、バックアップにも、復元にも、それぞれ2時間かかりました。

時間の余裕のある時に作業してください。バックアップしたまま寝て、翌朝確認するのがおすすめです。

パソコン教室・キュリオステーション志木店からのお知らせ
レッスンはオンラインで受講できます

パソコン教室・キュリオステーション志木店では、本年よりオンラインでの在宅レッスンを実施しております。
教室の全コースがオンラインで受講可能。実際にインストラクターがご対応いたします。
1時間の無料体験レッスンはいつでも予約できます。詳しくは公式ページをご覧ください。

スポンサーリンク
キュリオステーション志木店運営をフォローする
志木駅前のパソコン教室・キュリオステーション志木店のブログ

コメント

  1. はじめまして。
    iPhone復元で、PCのSSDが容量ゼロとなり、復元ができなくなりました。
    ググって、こちらにたどり着き、無事復元に至りました。
    今は、アプリがダウンロードされていってます。
    ありがとうございました。この記事のおかげで、無事、原状回復できそうです。
    実は、iPhoneのキャリアをau→UQと来て、ahamoに変えたのですが、変えたらSIMロックがかかっていてびっくり。
    auの時、ロック解除可能日当日に即解除したのですが、その後iPhoneを交換修理していました。本来は交換後の機種もロック解除されていなければならない所を、au、appleどちらがミスしたか詳細不明ですが、ロックがかかったままだった、という状況でした。auにはショップを経由して、appleにはサポートを通じて解除を急ぐよう働きかけ、昨日解除されていました。
    iPhone復元時のPCの容量不足に関しては、私の知識不足。泣きながらググった次第です。
    これからahamoの設定を行っていきます。
    ありがとうございました。

    また、止めてはいませんが、更新が全然出来ていないブログを所持しております。この記事のおかげで、助かりましたという趣旨の記事を投稿してみたいのですが。よろしいですか?
    投稿日時は未定ですが。

    • コメントありがとうございます。お役に立てたようで、当方も大変うれしく思います。
      SIMロックの件は、いま確認した限りでは、例外的な事象のようですね。通常は、交換時にAppleがステータスを引き継ぐようなので、Appleの処理漏れなのかもしれません。
      PCの容量不足に関しては、本文に記したような現在の状況ですので、本来はAppleがもっと積極的に対応していただきたいところですね。
      記事でのご紹介のお申し出、ありがとうございます。引用歓迎いたします。どうぞお使いください。

タイトルとURLをコピーしました