「このPCは現在、Windows11を実行するための最少システム要件を満たしていません」と言われたら

「このPCは現在、Windows11を実行するための最小システム要件を満たしていません」という表示 パソコンサポート
パソコンサポート

当店受講生様からのご相談からの記事です。

お手持ちのWindows 10パソコンに、こんな表示が出ているが、どうしたらいいか? というご質問。

このPCは現在、Windows11を実行するための最少システム要件を満たしていません
※このスクリーンショットは当店教室パソコンのものです

結論から言いますとそのままお使いいただいてまったく問題ありません、ということなのですが

その理由、どうしてこんな「赤い×」までついた、物騒なメッセージが出るのか? という点を解説していきます。

スポンサーリンク

「Windows 11を実行するための最小システム要件」って何?

Windows 11の「システム要件」は、次のページが公式のものです。

Windows 11 の仕様とシステム要件 | Microsoft
Windows 11 の仕様と機能の概要を Microsoft で確認してください。Windows 11 のデバイス仕様、バージョン、対応言語の詳細

プロセッサ
1GHz以上で 2コア以上の64 ビット互換プロセッサまたは System on a Chip (SoC)。
メモリ
4GB
ストレージ
64GB 以上の記憶装置(Windows Updateの実行にはそれ以上必要な場合も)
システム ファームウェア
UEFI、セキュア ブート対応
TPM
トラステッド プラットフォーム モジュール (TPM) バージョン 2.0
グラフィックス カード
DirectX 12 以上 (WDDM 2.0 ドライバー) に対応
ディスプレイ
対角サイズ 9 インチ以上で 8 ビット カラーの高解像度 (720p) ディスプレイ

Windows 11 の仕様、機能、コンピューターの要件を確認する | Microsoft

これらの要件のうち、

  • プロセッサ
  • メモリ
  • ストレージ

は、比較的簡単に確認することができます。

「設定」から確認できる項目

スタート
歯車
システム
詳細情報
Windows10のシステム情報を確認する方法 スタート→歯車→システム→詳細情報

「エクスプローラー」から確認できる項目

エクスプローラーで「PC」を選択
Cドライブの総容量
エクスプローラーで「PC」を選択した時に表示される「C:」ドライブの総容量表示
※当店業務用パソコンのため、ドライブ構成の一部をモザイクにしています

5~6年以内のパソコンでこれらが満たせないことはまずない

最近5~6年以内に購入されたパソコンで、これらの要件が満たされていないことは、まずありません。

Windows 10のシステム要件は、確かにこれより相当メモリ(「実装RAM」)が少なかったりしますが、要件ギリギリで販売されたパソコンはほとんどないからです。

(ストレージがギリギリ64GB のパソコンはたまにありますが、これを増設によって増やすことはかなり難しいと思います。)

また、ディスプレイに関しても縦720ピクセルを満たさないことはほぼありません。

スポンサーリンク

その他の要件は、そこまで根をつめて確認しなくても…

そのほか、

  • グラフィックスカード
  • UEFI
  • TPM

という要件は非常に重要ですが、

経験上これらの要件を、そこまで根をつめて確認する必要はありません。

なぜなら、これらを満たしていないパソコンの場合、設定を変えたぐらいで満たせることはほとんどないからです。

UEFIはマザーボードが対応しているかどうかですし、TPMはCPUが対応しているかどうかです。

グラフィックスカードは、載せかえれば対応できる場合もありますが、そのためにグラボだけ替えるのが本当に割に合うのか?と思います。

スポンサーリンク

Windows 10のまま使い続けてまったく問題ありません

いま当店では、Windows 11にアップグレードしたパソコン、Windows 10のままのパソコンの両方を併用しています。

その経験上からいいますと、Windows 10のまま使い続けてまったく問題ありません。

主要な機能はWindows 10でもまったく問題なし

両方のマシンを使っていて、Windows 11でなければ絶対に困る、という出来事は、今までまったくありませんでした

逆に、Windows 11では正常に動かなくて困る、という事例は何件かありましたが…

Windows 11は、ゲーム性能が若干高い、と言われており、特定のゲームにおいて最適化がされていれば、大きなメリットになる場合もあるようですが

【特集】 Windows 11と10の性能差はどれくらい?ゲームなら11が優位になることも
 Windows 11が10月5日から提供開始となったものの、まだまだWindows 11の情報が足りない、もう少し様子を見ておこうと、アップグレードを保留している方も多いだろう。UIの見た目や、操作性は別として、ここではWindows 10と11で性能差が出るのかを確認してみたい。以前、Insider Preview...

それ以外では「ちょっと便利な機能が加わった」程度です。

Windows 10のサポート期限は 2025年10月14日

Windows 10のサポート期限は 2025年10月14日まで、と発表されています。

※ただし、Windows Updateにより、バージョン「21H2」以降に更新する必要があります。

本記事執筆時点から、3年以上あります。急いで変えなければパソコンが使えなくなる、ということではありません。

パソコンの進歩と低廉化を考えれば、3年後までに買い替えるのがおすすめ

いまパソコンの性能は非常にはやい速度で進歩しており、発売時期が数年違うと、体感的な速度や快適性が段違い、ということもあります。

当店が一番それを実感したのは、新世代のSSD、「m.2」が登場した時です。ハードディスクがSSDに変わった時も、起動速度やアプリの反応が段違いに速くなりましたが、「m.2」SSDの登場以降、本当にパソコンは速くなりました。

また、例えば同じグレード「Core i3」のCPUでも、「世代」によって速度は大幅に違います。

Core i 比較表【2022年最新】世代や用途別にIntelのCPUを比較
Intel Core i シリーズ(i3,i5,i7,i9)のCPUを解説し、世代や用途別にベンチマーク性能やコスパで徹底比較します。

第8世代 Core i3-8140U が PassMarkスコア 4227に対して
第12世代 Core i3-12100TはPassMarkスコア 12767

とあります。ほぼ3倍スコアが違います。

実際に、相当昔に30万円したCore i7のパソコンよりも、新しく購入した10万円のCore i5の方が、動画のエンコードが速かった、ということがありました。

いっぽう、パソコンの価格もだんだん下がってきています。ハイエンドの価格はまあそれなりにしますが、性能自体が上がっているために、安価なceleronのパソコンでも日常の用には足りてしまう、ということも多いです。

古いパソコンにいろいろ手を加えてWindows 11に対応させるよりも、Windows 10のサポート期限が切れるまでに新しいパソコンを購入した方が、断然お得だと思います。

スポンサーリンク

その他参考までに

要件を満たさない理由は、ほとんど「TPM」

実は、Windows 11の要件を満たさない理由は、ほとんど「TPM」の問題です。

TPM とは
TPM (トラステッド プラットフォーム モジュール) は、暗号化キーを安全に作成して保存することにより、PC のセキュリティを向上させます。 TPM 2.0 は、Windows 11 をさらに安全にするための重要な部分です。
【特集】 Windows 11で必須になった「TPM 2.0」って何?TPMの役割や確認方法を紹介
 Microsoftからの発表によってWindows 11の詳細が明らかになったが、中でも注目を集めているのがシステム要件として定義されている「TPM 2.0」への対応だ。ここでは、TPMの概要と有効化する方法について紹介する。

ちょっと難しい記事でしたが、簡単にいうとTPMとは暗号鍵を保管する頑丈な金庫、のようなものです。

Windowsにログオンするときに、パスワードのほか、PIN、さらに指紋認証や顔認証が利用できるようになっています。「Windows Hello」という言葉をみかけたこともあるかと思いますが、この「Windows Hello」の基盤になっている技術です。

その先には「パスワードレス認証」、つまり、あの煩雑なパスワードとおさらばしよう、という壮大な話がつながっています。

完全パスワードレス実現のために、Apple、Google、Microsoftが連携
Apple、Google、Microsoftが、FIDO AllianceとW3Cが策定したパスワードレス認証の技術標準のサポートを拡大する計画を発表した。2023年にかけて実装する予定で、実現すれば、OSやブラウザ、デバイスを問わないエンドツーエンドのパスワードレス認証が形になる。

こうした、新しい、「かんたんだけどセキュアなネット社会」の実現のために、MicrosoftはWindows 11でTPM2.0の必須化にふみきったと考えています。

残念ながら、ちょっとした設定の変更ぐらいでTPM2.0に対応することはできません。ですので、古いパソコンをWindows 11に無理して対応させようとするよりも、買い替えを視野に入れた方がよい、と思います。

実はWindows 11非対応パソコンにも入れられますが…おすすめしません

実は、いろいろな回避手段を使って、Windows 11非対応と表示されたパソコンに、Windows 11をインストールすることも、できなくはありません。

Windows 11非対応PCでプレビュー版Windows 11が利用可能 ~「WinPass11」がリニューアル/ただし、利用は自己責任で
 「Windows 11」の最小要件を満たさない「Windows 10」デバイスをプレビュー版「Windows 11」へアップグレードできるようにするツール「WinPass11」が5月29日(日本時間)、リニューアル公開された。「WinPass11」は「GitHub」でホストされているオープンソースプロジェクトで、ライ...

ただし、これはあくまでも動作確認や開発用と考えてください。記事内にあるように、多くの制限事項が存在し、それを理解した上でなければ、さまざまな不利益があります。一般にはおすすめできません。

パソコン教室・キュリオステーション志木店からのお知らせ
レッスンはオンラインで受講できます

パソコン教室・キュリオステーション志木店では、本年よりオンラインでの在宅レッスンを実施しております。
教室の全コースがオンラインで受講可能。実際にインストラクターがご対応いたします。
1時間の無料体験レッスンはいつでも予約できます。詳しくは公式ページをご覧ください。

スポンサーリンク
キュリオステーション志木店運営をフォローする
志木駅前のパソコン教室・キュリオステーション志木店のブログ

コメント

タイトルとURLをコピーしました