商品画像・備品画像をExcelで管理する~新機能「セル内に画像を配置」

商品画像・備品画像をExcelで管理する~新機能「セル内に画像を配置」 Excel(エクセル)
Excel(エクセル)
スポンサーリンク/Sponsored Link

Excelで、商品台帳や備品台帳を作成している方も多いと思います。

商品名や価格、JANコードなどのデータとともに、写真を入れておくと、一目でどの商品か分かったり、取り違えを防いだりするのに役立ちます。

しかし、これまで、写真をExcelのセルに埋め込むのは、コツが必要でした。

エクセルの表に貼り付けた画像のプロパティ セルに合わせて移動やサイズ変更をする

画像のサイズと、セルのサイズを合わせたうえで、「プロパティ」を設定していました。こうしないと、並べ替えやフィルタをかけた際に、画像がずれてしまいます。

また、うっかり画像をマウスで移動してしまうと、商品と画像の対応が変わってしまい、正しく動作しなくなって大変でした。

それが、最近の新機能により、画像を簡単にセルに埋め込めるようになりました。記事にまとめておきたいと思います。

※この機能は、現在Excel 365 のみで使用できます。(バージョン2312で動作確認しています。いくつで追加されたのかちょっと確認できてません)

スポンサーリンク/Sponsored Link

画期的な新機能「画像をセルに配置」

Excelの「挿入」→「画像」ボタンの中に、「セルに配置」という新しい選択肢ができました。

Excel 挿入 画像 セルに配置

この方法で、セルに画像を挿入すると、このようになります。

セルの上に配置
りんごの写真の周囲に、拡大縮小のマークが表示されている。
セル内に配置
りんごの写真の周囲に、拡大縮小のマークはなく、右上に、写真のマークのアイコンが表示されている
※画像をタップすると拡大して表示できます

「セルの上に配置」は、従来と同じ挿入方法です。画像をクリックすると、周囲に枠線と拡大縮小用のマークが表示されます。

対して、「セル内に配置」では、画像をクリックしても、そのセルがアクティブになるだけです。移動も、拡大縮小もできません。

右上に表示されているアイコンは、「セルの上に配置」のモードに変換するためのショートカットになっています。

セルの上に配置
セルから写真を取り出す

画像が、オブジェクトでなく、「セルの値」そのものになった

つまり、画像が、セルの上に置かれたオブジェクトではなく、セルの値そのものになった、ということになります。

このことによって、さまざまなメリットが生まれます。

ただ画像を配置するだけで、並べ替え・フィルターができるようになった

画像サイズや、プロパティを気にすることなく、単純にデータとして取り扱うことができ、並べ替え・フィルターの対象にしやすくなりました。

Excel 数値フィルター 価格 200より小さい 結果、りんご 梨 柿 価格とそれぞれの写真が抽出された
※画像をタップすると拡大して表示できます

数式によって画像を表示できるようになった

画像が、セルの値そのものになったことによって、さまざまな関数の戻り値が画像になることができます。XLOOKUP関数で、商品画像そのものを表示したり、FILTER関数で、画像を含む表全体を絞り込んだりできるようになりました。もちろん、ただのセル参照や、リンク貼り付けも有効です。

XLOOKUP関数で写真が入った表から抽出 商品名 りんご セルの上に配置では、0が返っている。セル内に配置では、りんごの写真が返っている
※画像をタップすると拡大して表示できます
FILTER関数で抽出 価格200より小さい セルの上に配置では、商品名・価格と0が返っている セル内に配置では、商品名・価格にくわえ、各商品の写真が返っている
※画像をタップすると拡大して表示できます

従来の方式で作られた表も、簡単に「画像をセル内に配置」に変更できる

「画像をセル内に配置」ができる前に、従来の方式で画像を埋め込んだ表も、簡単に「画像をセル内に配置」に変更できます。

配置済みの画像を選択すると、このように「セル内に配置」に変更するボタンが表示され、クリックするだけで「セル内に配置」に変更することができます。

ただし、画像を複数選択すると、この操作はできなくなるようです。

リボンにもボタンはあるのですが、複数選択すると、グレーアウトしてしまいます。

このあたり、できれば、複数まとめて変更、もしくは、シート内全部変更などができると、既存のブックの活用はやりやすくなるように思います。マイクロソフトさん、お願いします。

スポンサーリンク/Sponsored Link

「画像をセルに配置」と、IMAGE関数の違い

少し前に追加された「IMAGE関数」も、似たような特性をもっていました。

※画像をタップすると拡大して表示できます

IMAGE関数を使って画像を配置した場合も、「画像をセルに配置」と同じように、画像そのものをセルの値として扱うことができ、並べ替え・絞込み、関数による抽出などが可能でした。

しかし、IMAGE関数は思いのほか制約が多く、使いづらいことも多かったのです。それに比べ、今回の「画像をセル内に配置」は、多くの面で画期的なものでした。

IMAGE関数では、オンライン上の画像しか参照できなかった

IMAGE関数の引数としては、「https://」で始まるURLしか指定できませんでした。このため、コンピュータのフォルダ内にあるローカルの画像を配置することは出来ませんでした。

それが、「画像をセル内に配置」では、いとも簡単に配置できるようになったのです。

IMAGE関数は、外部ソースを引いてくるため、セキュリティ設定の影響を受ける

IMAGE関数は、外部ソースの画像を引っ張ってくる形のため、Excelのセキュリティ設定の影響を受けました。「#BLOCKED」のエラーになることがありました。

それが、「画像をセル内に配置」では、シート内に直接挿入されるため、心配いらなくなりました。

パソコン教室・キュリオステーション志木店からのお知らせ
レッスンはオンラインで受講できます

パソコン教室・キュリオステーション志木店では、本年よりオンラインでの在宅レッスンを実施しております。
教室の全コースがオンラインで受講可能。実際にインストラクターがご対応いたします。
1時間の無料体験レッスンはいつでも予約できます。詳しくは公式ページをご覧ください。

スポンサーリンク/Sponsored Link
キュリオステーション志木店運営をフォローする
志木駅前のパソコン教室・キュリオステーション志木店のブログ

コメント

タイトルとURLをコピーしました