MOSの新バージョン「Microsoft 365 Apps」の情報・米国Certiportより

MOS次期バージョン Microsoft 365 Apps いまわかっていること MOS資格対策
MOS資格対策

現行最新バージョンの「MOS 365&2019」が開始して、2年がたちました。

その間に、新バージョン「Office 2021」が発売されたり、また多くの方が、年数の入った固定バージョンではなく「Microsoft 365」をお使いになっていたりと、Microsoft Office事情はめまぐるしく変わっています。

そんな中、MOSの次期バージョン「Microsoft 365 Apps」についての情報が、米国Certiportのサイトに掲載されはじめています。

どんな試験なのか、これからのMOS(Microsoft Office Specialist)はどうなるのか。まだほとんど公表情報はないのですが、米国Certiportのサイトから分かる範囲で書いていきたいと思います。

ニュースレターはこちらから購読することができます。

CATC Newsletter Archive :: Certiport Authorized Test Centers (CATCs) :: Certiport
Find all of the pertinent information you need for running a successful test center.

※米国Certiportの情報です。日本で実際にどのように運用されるかは、日本での試験提供元・オデッセイ・コミュニケーションズの公式情報をお待ちください。

スポンサーリンク

MOSの新バージョンは「Microsoft 365 Apps」というらしい

新しい試験の名称は「Microsoft 365 Apps」というらしいです。

こちらに徐々に、その名称が出始めているのを確認できます。

https://certiport.pearsonvue.com/Educator-resources/Exam-details/Exam-releases

「MOSはOffice の年度別バージョンから移行」するらしい

ニュースレターには「MOSはOffice の年度別バージョンから移行」と記載があります。

ニュースレターで送られてきた図解を見ますと、「MOS2016」「MOS2019」といった、数字がだんだん大きくなる方向で改訂されるのではなくて、「Microsoft 365 Apps」でずっと続くと書かれています。

「バッジと認定証には、認定を受けた年が反映され」「新バージョンでは、将来のバージョン(Office 2024 など)に対応するビルドを含め、#2202 以降のすべての新しいビルドがサポートされます。」だそうです。

Windows 10が出て、「これが最後のWindows」と言われた時のことを思い出します。いらい、Windows 10は毎年のバージョンアップを続け、このまま単に「Windows」になるかと思いきや、「Windows 11」が発表されました。最後のWindowsではなかったわけです。

MOSの試験がどうなるのか、ちょっと分かりませんけども、とりあえず一旦は、そういう形でアップデートされるもようです。

ついでながら、Office 2024という言葉が出ています。長いこと、Officeは3年ごとにバージョンアップされてきましたが、2019→2021でこれが崩れ2年になりました。その次は、再び3年後の2024になるのでしょうか?

6月30日、MOS365&2019は「MOS2019」に改称されたそうです

今まで、私たちは最新バージョンのMOSを「MOS 365&2019」と呼称してきましたけれども、米国Certiportでは、6月30日に「MOS2019」に改称したんだそうです。

「8月から公開されるMicrosoft 365 Apps試験との混乱を避けるとともに、それぞれの試験セットで対象となる機能セットを明確にすることを目的」のだそうです。

米国では模擬試験が開始、10月に新試験開始予定だそうです

さきほども掲載したこちらのページ

https://certiport.pearsonvue.com/Educator-resources/Exam-details/Exam-releases

によれば、米国では10月から、新しい試験が開始されるんだそうです。

【9/18】米国で模擬試験が開始されたという表示に変わりました。
Word,Excel2科目です。

日本での開始予定としては、現時点で

  • 10月にExcel
  • 11月にWord
  • 12月にPowerPoint
  • 2023年2月にWord/ExcelのExpert

と記載されています。
当初記載のスケジュールと比べると、Excelの開始が9→10月に延期され、Wordは変わらず
PowerPointは1か月前倒し、Word/Excel Expertは2ヶ月前倒しされました。

前回のMOS 365&2019リリースの際も、この通り始まったためしはないので、もうちょっと後、けっきょくは年明け開始なんじゃないかと思いますが、ともかく、新試験の開始スケジュールが話題にのぼりはじめている、ということです。

新バージョンではAccessの試験がないらしい

ここまででお気づきかと思いますが、今回ニュースレターで送られてきた資料を見ますと

どこにもAccessの試験が載ってません。

称号の認定についての図解なんですが

Associate称号

以下の4科目から任意の3科目

  • Excel Associate
  • Word Associate
  • Outlook Associate
  • PowerPoint Associate

Expert称号

※MOS 2019より前のバージョンでは Master と呼ばれていた称号です

Associate称号に加えて、以下の2科目

  • Word Expert
  • Excel Expert
  • (Access Expertは、新バージョンでは抜けています!)

というわけで、どうやらMOS Accessは、新バージョンでは実施されないようです。

新バージョンと混合でAssociateやExpert称号を取得可能との情報

※米国Certiportの情報です。日本で実際にどのように運用されるかは、日本での試験提供元・オデッセイ・コミュニケーションズの公式情報をお待ちください。

今回送られてきた図解の中に、気になる記述があります。

2022年6月30日以前にMOS365&2019を取得した場合、7月1日以降は、MOS2019またはMicrosoft 365 Appsのいずれかのバージョンを選択して、称号取得を完了できるのだそうです。(7月1日以降受ける試験は、すべていずれかのバージョンで統一する必要あり)

2022年7月1日以降にMOS2019 または Microsoft 365 Apps を取得した場合は、取得したバージョンと同じバージョンで称号取得を完了する必要があるのだそうです。(したがってAccessをその中に含みたい場合は、Microsoft 365 AppsではなくMOS 2019の方にする必要がある)

ということなんだそうです。

なんかややこしいですが、つまり、6月30日以前にMOS 365&2019を受けた人は、その先新バージョンに乗り換えても、そのまま称号になるよ、ということなんですね。

スポンサーリンク

新バージョンの試験範囲はまだ公表されていません

ここでさっそく、気の早い当店は、新バージョンMOSの対策方針を打ち出したいところなんですが、残念ながらまだ、試験範囲が米国Certiportのサイトにも載っていません。

https://certiport.pearsonvue.com/Educator-resources/Exam-details/Objective-domains

MOS 365&2019開始の時、特にExcelとPowerPointは大きく試験内容が変わりました。

今回新バージョンは、最新のMicrosoft 365を追っかけていくことになりそうなので、どんなことになるか、ワクワク、ドキドキします。

模擬試験を作る皆様は、大変なんだろうな…なんて、余計な心配をしたりもしますが、ともかくも、いましばらく発表待ち、ということでございます。

【9月5日追記】まだ試験範囲が公表されていません。8月開始とされている模擬試験も、まだ開始が確認できません。最初のExcelは1か月延期されたようです。

パソコン教室・キュリオステーション志木店からのお知らせ
レッスンはオンラインで受講できます

パソコン教室・キュリオステーション志木店では、本年よりオンラインでの在宅レッスンを実施しております。
教室の全コースがオンラインで受講可能。実際にインストラクターがご対応いたします。
1時間の無料体験レッスンはいつでも予約できます。詳しくは公式ページをご覧ください。

スポンサーリンク
キュリオステーション志木店運営をフォローする
志木駅前のパソコン教室・キュリオステーション志木店のブログ

コメント

タイトルとURLをコピーしました