サイトマップの全URLをExcelで自動的に読み込むマクロ

VBAホームページ作成

業務上の必要があって、ウェブサイトの全URLをサイトマップから自動で拾ってくるExcelマクロを作りました。

スポンサーリンク

このマクロの使い方

対象サイトのサイトマップURLを特定します。

サイトマップのアドレスまで自動では探せませんので、ご自身で特定してください。

例: https://curio-shiki.com/blog/sitemap.xml

マクロを起動します

上記リンクからダウンロードしたzipを解凍し、出てきたマクロ有効Excelファイル  (sitemapindex-autoloader-v100.xlsm) を開きます。

開いた際、Excelのセキュリティにより次のようなボタンが出た場合は、「コンテンツの有効化」をクリックしてください。

「マクロが無効にされました」 ボタン「コンテンツの有効化」

すると大きなボタンが出ますので、これを押してください。

サイトマップインデックス自動読み込みマクロ 起動画面

クリックすると、サイトマップのURLを入れる窓が開きます。

サイトマップURLを入力する画面

サイトマップのURLを入力し、「取得実行」

ここにサイトマップの実際のURLをフルで入力し、「取得実行」をクリックします。

サイトマップのURLを入力し「取得実行」をクリック

しばらく待つとサイトマップが取得できます。

クリックすると下記の状態となります。エラーが出ない限りしばらくお待ちください。マクロが自動的にサイトマップインデックスをひとつずつたどって、URLをインポートしていきます。

しばらくお待ちください。保存ダイアログが出たらファイル名と場所を指定して保存してください。

保存ダイアログが出たら場所と名前をきめて保存します。

きめた名前.xlsxとして保存されます。マクロは保存されず、変換ツールは実行前の状態で保持されますので、開きなおせばまた変換できます。

名前をつけて保存のダイアログ

実行結果

サイトマップインデックス内の各サイトマップが、シートに展開され、それぞれのURLがシート上に読み込まれます。

サイトマップインデックス読み込み完了の画面
スポンサーリンク

取得したサイトマップをさらに処理するには?

実際に当店ではこのあと、URLを一覧に加工したり、各URLの<title></title>タグを自動で取得したり、いろんなことをやっています。

公開できる形になりましたら、本記事を更新し機能追加をいたします。

パソコン教室・キュリオステーション志木店からのお知らせ
レッスンはオンラインで受講できます

パソコン教室・キュリオステーション志木店では、本年よりオンラインでの在宅レッスンを実施しております。
教室の全コースがオンラインで受講可能。実際にインストラクターがご対応いたします。
1時間の無料体験レッスンはいつでも予約できます。詳しくは公式ページをご覧ください。

スポンサーリンク
キュリオステーション志木店運営をフォローする
志木駅前のパソコン教室・キュリオステーション志木店のブログ

コメント

タイトルとURLをコピーしました