【2023/11】パソコンに保存したパスワードを見る・変更する・削除する

パソコンに保存したパスワードを見る・変更する・削除する パソコンサポート
パソコンサポート
スポンサーリンク/Sponsored Link

パソコンやスマホには、ID/パスワードを保存する機能がついています。

ログイン画面で「ログイン」を押した後

「このパスワードを保存する」

とか表示される、あれですね。

このとき、まちがった情報が保存されていたり、重複していくつも保存されていると、うまくログインできないことがあります。

また、多くのブラウザにパスワード自動生成機能があり、会員登録の時などは、自動的におすすめのパスワードが入ることがありますが、
あとからそのパスワードを確認することが必要になったら、どうしたらいいでしょう?

こんなとき必要な、「パスワードを確認する方法」のご紹介です。

全部を挙げるとかなりの量になりますので
この記事では、Windowsパソコンのみご紹介します。

【2023/11】Chromeのデザイン刷新にともない、一部の図版を差し替えました。

スマートフォンで保存したパスワードの確認・編集方法はこちら

スマホでパスワードを確認する方法もほしい、というご要望があり、記事を作成しました。ブラウザごとの保存場所・パソコンとのパスワード同期についても書いています。

スポンサーリンク/Sponsored Link

Google Chrome (パソコン版)

(1)メニューボタン→パスワードと自動入力→Googleパスワードマネージャー

メニューボタン→パスワードと自動入力→Googleパスワードマネージャー
この画面はChrome15周年の「新しいデザイン」適用済みの場合のメニュー

Chrome15周年の「新しいデザイン」適用前の場合は、次のようなメニューになります。なお、「新しいデザイン」の適用は、自分では実施できない模様で、順次自動的に適用されるようです。

メニューボタン→Googleパスワードマネージャー
Chrome15周年の「新しいデザイン」適用前の場合のメニュー

(2) 確認したいサイトをみつけ、右側のポチをクリック

例えば下のスクショは、「Amazon」のログインID,パスワードを確認しようとする例です。

パスワード
保存されているログイン情報がサイトごとに表示されている
右端に小さな黒い矢印

(3) Windowsにログインするのと同じ認証を行う

次のようなポップアップ画面が出ます。これは、Windowsを起動してログインするときと同じ認証です。
※この認証を「Windows Hello」と呼びます。

Windowsセキュリティ
Google Chrome 
Google Chromeでパスワードを表示しようとしています。続行するにはWindowsのパスワードを入力してください。
このスクリーンショットは、Windows 10のものです。
また、ふだん顔認証や指紋認証の方は、それと同じものが表示されます。

(4) ログイン情報が表示される(パスワードは伏字)

認証に成功すると、次のように、ログイン情報全体が表示されます。

amazon.co.jp
ユーザー名
ウェブサイト www.amazon.co.jp
パスワード 伏字 目玉のボタン コピーボタン

パスワードが伏せ字で表示されていますので、赤枠で囲った「目玉のマーク」をクリックすると、実際のパスワードが表示されます。

また、コピーボタンを押すだけで、ユーザー名・パスワードはコピーできます。「削除」ボタンを押すと、削除できます。

amazon.co.jp
ユーザー名
ウェブサイト www.amazon.co.jp
パスワード 伏字 目玉のボタン コピーボタン
編集ボタン 削除ボタン

この「編集」ボタンを押すと、次のような画面になり、ユーザー名・パスワードとも、自由に書き換えることができます。

パスワードを編集
ウェブサイト www.amazon.co.jp
ユーザー名
パスワード
保存するパスワードがwww.amazon.co.jpのパスワードと一致していることを確認してください

「ウェブサイト」は、編集できません。実際にそのサイトを訪問して、一度でもログインを実際に行い、保存することで、そのウェブサイトに対応したログイン情報が作成されますので、その後、それを編集するという手順になります。

スポンサーリンク/Sponsored Link

Microsoft Edge (パソコン版)

いろいろと大幅に変わってまして、これは2023年8月末時点の最新情報になります。

アカウントアイコン→ウォレット

MIcrosoft Edge 画面の右上
アカウントアイコン
個人
同期は有効になっています
ウォレット
クレジットカードのマーク
鍵のマーク
セキュリティのマーク

【UPDATE】アカウントアイコンの位置が、左上に変わっている場合があります。これは、【設定→外観→タイトルバーにプロフィールアイコンを表示】がオンになっている場合です。
Edgeを使用中に、「新しい外観を試しますか?」などのダイアログが出て、「はい」をクリックした場合に、こうなります。

MIcrosoft Edge 画面の左上
アカウントアイコン
個人
同期は有効になっています
ウォレット
クレジットカードのマーク
鍵のマーク
セキュリティのマーク
※スクショ撮影時点のバージョンは 117.0.2045.36です。

右上の人の形(アカウントアイコン)をクリックして出てくる小窓、この中に「ウォレット」という項目が新設されてます。

その「ウォレット」の右に3つのアイコンがあり、鍵の形をしたアイコンが「パスワードを開く」となっています。

環境や状態により、3つのアイコンでなく、ただ「ウォレット」と表示される場合もあります。この場合は、その「ウォレット」をクリックしてください。

※スクショでは、Microsoftアカウントでサインインした状態ですが、サインインしていなくても同じように「ウォレット」は表示されます。

「ウォレット」の中にパスワードがあります

こうして「ウォレット」を開くと、次のようになっています。

ウォレット
ホーム
お支払い方法
注文の追跡
パスワードと個人情報
設定

パスワード
合計346個保存されています
ウェブサイトとパスワードの一覧
※右上に「35個が弱い、または再利用されています」と表示されています。これは、同じサイトの別URLで2個登録されていたり、ルータの標準パスワードが変更前に保存されたりしているためです。本来は後述の「正常性を無視する」を使うなどしてゼロにするべきところです。

赤枠で囲った「目玉のマーク」をクリックすると、実際のパスワードが表示されます。その際には、Windows起動時と同じ「Windows Hello」の認証が行われます。

Windowsセキュリティ
Microsoft Edgeでパスワードを表示しようとしています。これを許可するには、Windowsパスワードを入力してください
このスクリーンショットは、Windows 11のものです。
また、普段顔認証や指紋認証をしている方は、それと同じものが表示されます。

パスワード以外にも、「お支払い方法」や「個人情報」、「注文の追跡」といった項目が並んでいます。機密性の高い情報を特にまとめて管理しよう、というのが「ウォレット」のようです。

各ログイン情報の右端の「…」(メニューボタン)を押すと、パスワードに関するさまざまな機能が入っています。

各パスワードの右端のメニューボタンを押したところ
変更
パスワードのコピー
編集
削除
正常性を無視する
  • 「変更」…ちょっと分かりにくいボタンで、パスワードを変更したいとき、ワンクリックでそのサイトのURLに飛べる機能です。他のパスワードマネージャだと「サイトに行く」といったボタンに相当します。
  • 「パスワードのコピー」…クリックするだけで、伏せ字になっている実際のパスワードがコピーされます
  • 「編集」…サイトURL、ユーザー名、パスワードがすべて編集できる画面に行きます。Chromeと違い、EdgeではサイトのURLも編集できます。編集前に、Windows Helloの認証があります。
パスワードの編集
Microsoft Edgeは、このパスワードをマイクロソフトアカウントに保存します
WebサイトのURL
ニックネーム(省略可)
ユーザー名
パスワード
キャンセル 完了
※「ニックネーム」は、何のサイトが自分で分かりやすくするために、好きな名前をつけて保存できるものです。URLが分かりにくい者の場合は、入れておくと便利かもしれません。
  • 「削除」…ログイン情報が削除されます。削除直後には「元に戻す」ボタンが一定時間表示されますが、それを見逃すと元に戻せなくなりますので慎重に。
  • 「正常性を無視する」…「状態」のところに表示されている「正常性メーター」が表示されなくなります。簡単なパスワードなどを設定していると、状態が悪いと表示されますが、特定の用途で簡単であっても容認される場合などに、無視することもできる、ということでしょう。
スポンサーリンク/Sponsored Link

Microsoft Edge もう一つの方法(従来の方法)

Microsoft Edgeでは、今のところ「ウォレット」登場以前からある下記の方法でも、パスワードを閲覧、編集、削除することができます。

(1) Edge右上のメニュー→設定

Edgeの右上メニューボタンをおしたところ
新しいタブ
新しいウィンドウ
下の方に「設定」

(2) 「パスワード」

設定
プロファイル
個人
アカウントの管理
同期
下の方に「パスワード」
スマホで小さくて見づらい場合は、指でひろげる操作をすると拡大できます
設定/プロファイル/パスワード
ウォレットに移動
保存されたパスワードのリストが表示されている

この方法も、現在はこのようにたどることができますが、右上に「ウォレット」に誘導するリンクが表示されています。

もしかしたら、将来的にこの画面は廃止されるのかもしれません。

スポンサーリンク/Sponsored Link

Internet Explorerは廃止されました→パスワードをEdgeに移行

以前の記事では、ここにさらに、Internet Explorerでのパスワードの確認方法を書いていたのですが、Internet Explorerはついに廃止されました。

起動しようとしても強制的にEdgeが開くようになりました。

Internet Explorer 11 デスクトップ アプリのサポートが Windows 10 の特定のバージョンで終了する - Microsoft Lifecycle
Internet Explorer 11 デスクトップ アプリのサポートが Windows 10 の特定のバージョンで終了することについてお知らせします。

Internet ExplorerのパスワードはEdgeに移行できます

Internet Explorerで保存していたパスワードは、Edgeに移行して使用することができます。

Edgeの初回起動時に、指示に従えば移行しているはずですが、できてない方はこちらから。

Edge右上メニューボタン
設定
設定
ブラウザーデータのインポート
IE 11からデータをインポートする

Chromeへの移行は、いったんEdgeを経由すれば可能

Internet Explorerのパスワードは、直接Chromeに移行できませんが、上記の方法でいったんEdgeに移行した後、「エクスポート」で取り出し、Chromeに「インポート」できます。

Edgeのパスワードをエクスポート

さきほどご紹介した「ウォレット」の画面の、ものすごく分かりにくいところに「パスワードのエクスポート」があります。

Edgeのウォレット
パスワード
パスーワードの追加の右にあるメニューボタン
パスワードのエクスポート

エクスポートすると、次のようなcsvファイルが保存されます。保存先は途中で自分で指定できます。

Microsoft Edgeのパスワード.csv

Chromeにパスワードをインポート

エクスポート出来たら、こんどはChromeの「パスワードマネージャー」の次の箇所を開きます。

パスワードマネージャー
設定
パスワードをインポート
ファイルを選択

その後、さきほどエクスポートしたEdgeのパスワードファイルを指定することで、Chromeにパスワードがインポートされます。

インポートが完了しました
1件のパスーワードを、---@gmail.comのGoogleパスワードマネージャーにインポートしました
パソコン教室・キュリオステーション志木店からのお知らせ
レッスンはオンラインで受講できます

パソコン教室・キュリオステーション志木店では、本年よりオンラインでの在宅レッスンを実施しております。
教室の全コースがオンラインで受講可能。実際にインストラクターがご対応いたします。
1時間の無料体験レッスンはいつでも予約できます。詳しくは公式ページをご覧ください。

スポンサーリンク/Sponsored Link
キュリオステーション志木店運営をフォローする
志木駅前のパソコン教室・キュリオステーション志木店のブログ

コメント

  1. まー より:

    この記事のタイトル、「パソコンに保存したパスワード…」となっていますが、正確には「ブラウザに保存したパスワード…」ですよね。
    全くの間違いでは無いですが…。

    • コメントありがとうございます。はい、おっしゃる通りです。「ブラウザに保存したパスワード」です。
      教室でご質問を頂く際にはしかし、皆様「パソコンに保存したパスワード」とおっしゃるため、その言葉で検索された方が見つけやすいよう、このタイトルにしました。
      実際には、PCであれスマホであれ、パスワードを保存すれば、アカウント同期で別のデバイスにも反映されますね。
      そのあたりを含めた第二弾記事を準備中です。

タイトルとURLをコピーしました