クローンしたHDD/SSDが起動しない時に、成功した対処法(/rebuildbcd使いません)

 
ブルースクリーン

当店では、限られたパソコンの台数で試験実施用のシステムを構築するため、マルチブートで運用しています。

年末にも見込まれる、次期試験MOS2019に対応するには、SSD240GBでは足りないと予想されるため、480GBのものに換装しました。

その際、SSDをクローンするのですが、なかなか一発では正しく起動しません。

そんなとき、当店でやっている対処法をご紹介します。

クローンに使用しているソフトウェアは、EaseUS ToDo Backup Freeです。(無料) 起動ドライブはWindowsという想定です。
※ソフトのリンクにアフィリエイトなどは張ってません。単にご紹介しているだけです。

起動ドライブのクローン、起動しないことがありますね。

Windowsのシステムドライブをクローンする必要は、例えばこんなときに必要になります。

  • SSD/HDDを、容量の大きいものに換装する
  • HDDは遅いのでSSDに換装する
  • HDDの寿命が近いので、壊れる前に新品に交換する

多くの場合、クローンした新しい方のSSD/HDDをそのまま設置して起動すれば、今まで通りの環境で起動します。

しかし、一見正しくクローンされたように見えて、正常に起動しないこともあります。例えば

ブルースクリーンで
「回復 お使いのPCは修復する必要があります」

などのメッセージが出て、止まってしまいます。

どんな条件のときクローンが起動しなかったか。

クローンを行った手順

クローン作業は、EaseUS ToDo Backup Freeのヘルプにあるとおりです。

Todo Backupでディスク・パーティションをクローンする | EaseUs

(補足:セクタバイセクタクローン、SSDへのクローンの場合は、リンク先説明のクローン先決定画面下部の「高度な設定」を使います。)

どんなときクローンは起動しなかったか

  • クローン時に起動していたパーティションのクローン→正常起動○
  • クローン時に起動していたのとは別のパーティション→起動せず×
  • 別マシンにSSD2台接続して作ったクローン→全パーティション起動せず××

という結果でした。

セクタバイセクタクローンしなくても、関係なかった

面白いのは、

  • セクタバイセクタクローンをしなかった
  • クローン後のドライブの容量が違った

といった条件は、当店みるかぎりまったく関係がない、という結果でした。
※条件により、関係ある場合もあります。

どうやって直したか。(/rebuildbcd使いません)

他サイトで「bootrec /rebuildbcd」を使う話がよく聞かれますが、

そこまでせずとも、以下の方法で安定して直せています。

1. 起動可能なパーティション、または回復ディスクから起動

クローンしたドライブの中に、起動可能なパーティションが1つでもある場合は、そこから起動します。

一つもない場合は、回復ディスクから起動します。

Windows 10の場合は、Windows 10 のダウンロードから作成したインストールディスクが使えます。DVDから起動後、つぎの手順で回復環境に入れます。

WIndows 10インストールディスクから、回復環境のコマンドプロンプトに入る手順
起動直後の画面で 次へ
コンピューターを修復する
タイルの画面でトラブルシューティング
コマンドプロンプト
Windows10インストールディスクから、回復用のコマンドプロンプトに入る手順

2. コマンドプロンプトを管理者として起動

インストールディスクから起動した方は、上記の操作ですでにコマンドプロンプトになりますので、読み飛ばしてください。

起動できるパーティションからWindows環境で起動した方は、コマンドプロンプトを管理者として起動します。

コマンドプロンプトを管理者として起動する手順
Cortanaにcmdと入力
出てくる「コマンドプロンプト」を右クリック
出てきたメニューから「管理者として実行」
コマンドプロンプトを管理者として実行

3. diskpart→list volumeで、各パーティションのドライブレターを確認

コマンドプロンプトで以下のように操作し、各パーティションのドライブレターを確認します。

操作
diskpart [Enter]
DISKPART>と表示される
list volume [Enter]
 表が出力されるので、「Ltr」の項目を確認。

確認したら
exit [Enter] で、通常のプロンプトに戻ってください。

(画像は、ディスクから起動した場合の画像です。)

diskpartの操作方法
コマンドプロンプトで diskpart [Enter]
DISKPART>のプロンプトで list volume[Enter]
出てきたリストの「Ltr」を控える
exit [Enter]でDISKPART終了
パーティションラベルが適切に設定されていないと、ここで各パーティションの見分けがつきにくくなります。
できるだけクローン前に、ラベルをつけておくことをおすすめします。

4. bcdedit で、ブートマネージャーの情報を確認

次に、bcdeditコマンドでブートマネージャーの情報を確認します。

コマンドプロンプトで bcdedit [Enter]

次のような情報が出てきます。

bcdeditの実行結果
Windows ブートローダー の情報の一覧
bcdeditの実行結果(一部)

5. 項目device と osdevice がunknownのところを正しく直す

この情報を詳しく確認します。

起動しないパーティションの情報が次のようになっていれば、本操作によって修復できます。

  • 項目「device」→「unknown」
  • 項目「osdevice」→「unknown」

Windows ブート ローダー
identifier {9c9f51ae-c3e3-11e9-970d-ca19e5257747}
device unknown
path \WINDOWS\system32\winload.efi
description MOS2013
locale ja-JP
inherit {bootloadersettings}
recoverysequence {9c9f51af-c3e3-11e9-970d-ca19e5257747}
displaymessageoverride Recovery
recoveryenabled Yes
isolatedcontext Yes
allowedinmemorysettings 0x15000075
osdevice unknown
systemroot \WINDOWS
resumeobject {9c9f51ad-c3e3-11e9-970d-ca19e5257747}
nx OptIn
bootmenupolicy Standard

直すには、次のコマンドを実行します。

bcdedit /set 【identifier】 device partition=【ドライブレター】[Enter]
bcdedit /set 【identifier】 osdevice partition= 【ドライブレター】 [Enter]

【identifier】が長いですが、Windows10のコマンドプロンプトはマウスでコピペが使えますので、bcdeditの出力からうまくコピーしてください。

具体的にはこんな感じです。

X:>bcdedit /set {9c9f51ae-c3e3-11e9-970d-ca19e5257747} device partition=G:
この操作を正しく終了しました
X:>bcdedit /set {9c9f51ae-c3e3-11e9-970d-ca19e5257747} osdevice partition=G:
この操作を正しく終了しました

修復した結果をもう一度 bcdedit [Enter]で確認すると、次のようになっています。

Windows ブート ローダー
identifier {9c9f51ae-c3e3-11e9-970d-ca19e5257747}
device partition=G:
path \WINDOWS\system32\winload.efi
description MOS2013
locale ja-JP
inherit {bootloadersettings}
recoverysequence {9c9f51af-c3e3-11e9-970d-ca19e5257747}
displaymessageoverride Recovery
recoveryenabled Yes
isolatedcontext Yes
allowedinmemorysettings 0x15000075
osdevice partition=G:
systemroot \WINDOWS
resumeobject {9c9f51ad-c3e3-11e9-970d-ca19e5257747}
nx OptIn
bootmenupolicy Standard

この状態になれば、普通に起動するようになっています。

他の要因も重なると、起動しない場合もあるかもしれませんが、

いろいろやるよりピンポイントでここを直した方が有効でした。

お困りの方はいちど試す価値があると思います。

本記事で使用したクローンソフトウェアはこちらです

再掲になりますが、クローンに使用しているソフトウェアは、EaseUS ToDo Backup Freeです。(無料) 起動ドライブはWindowsという想定です。

※ソフトのリンクにアフィリエイトなどは張ってません。単にご紹介しているだけです。

キュリオステーション志木店

パソコンの困りごと、当店にご相談下さい。

当店では、パソコン教室のほか、出張パソコンサポート・出張修理も対応いたします。パソコンのトラブルでお困りでしたら、ぜひ一度ご相談下さい。

お急ぎの方(委託業者によるサービス)>>
 最短当日駆けつけレスキュー TEL 0120-835-524 →申込番号「145」
日本PCサービス株式会社によるサービスとなります。料金は、出張基本料金:5000円、トラブル診断料金:3000円に加えて、実際に行った作業に応じてかかります。お支払いは、訪問した作業員に現金またはクレジットカードでお支払い下さい。

お急ぎでない方(当店のサービス)>> まずは下のボタンから当店にメールでご相談下さい。うまくメールが開かない方は、 info@curio-shiki.com あてに、ご住所・お電話番号・トラブル内容をメールしていただければOKです。当店から折り返しご連絡をさせていただきます。料金は、出張基本料金:5000円、トラブル診断料金:3000円に加えて、実際に行う作業をご相談の上、お見積りいたします。


メールでパソコントラブルの相談をする

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください